住宅ローンが残ってる家を売るには?ローンありでも売れる?

家を売る事を検討し始めた時に気になるのが、住宅ローンが残ってる状態で家が売れるのか?どうかではないでしょうか?長年住んで、自分のライフプランに合わせてダウンサイジングなどを考えている人であれば、ローンも少なくなってきていると思いますが、子供ができて狭くなったので住み替えたい!離婚で・・・などの場合、ローンが残っている状態の人が多いはずです。例えば30歳で購入して35年のローンを組んでいるのなら繰上げ返済していかない限り、65歳までローンが残っていると考えると、ほとんどの人がローンが残ってる状態で家の売却を考えている事になります。

住宅ローンが残ってても家は売れる

上述したように、ほとんどの人がローンがの残っている状態で売却をしている事になりますので、ローンがあっても家を売る事はできます。

しかし、注意しておきたいのは、「いくらで売れる」かどうかを確認しておかないと売れない可能性がある事です。

ほとんどの人が住宅ローン返済中に売却しているとは言いましたが、誰でも売却できると言う訳ではありません。売る為には住宅ローンを全て完済して抵当権を抹消しないと、家を売る事はできないんです。そこでいくらで売れるかどうかを把握する事が大切になるんです。

いくらで家が売れるかを確認してからでないとローン中の家の売却は考えられない

住宅ローンが残っている家を売る為には抵当権を抹消する為に残りのローンを一括返済する必要があります。返済については家を売る時の住宅ローン残債について!を読んで欲しいのですが、簡単に説明しておくと抵当権と言ってローンを組んだ金融機関があなたの家に設定している担保権があるのですが、ローンを返済できない場合に競売にかけたりして回収することが可能となっています。その為、家を売る場合は、この抵当権を抹消するために、残っているローンを全額返済する必要があるんです。

という事は、いくらで売れるかを把握しておかないとローンを全額返済できなくて家が売れないという事態になってしまいます。

よく、ローンがある人が家の売却を考えた際に「ローンが残ってても家が売れるのか?」と悩んでいますが、まずしなければいけないのは、不動産会社に相談に行って、自分の家が今いくらなら売れるのかを知る事です。

ローンが2000万円残っている状態だとすると、もし家が売れても1000万円の状態の場合、1000万円分を一括返済しないと売却ができませんので、売る事自体考えなおす事になりますが、2500万円で売れる事がわかれば、ローンを返済できるので売っても大丈夫な事がわかります。

実際には買い手との交渉で売買が成立するので不動産会社が査定してくれた価格で売れる保証はありませんが、大体の目安としては、まず査定してもらわない事には売却する、しないの選択ができませんし、検討もできません。ローンを返済できない査定価格であれば、売るという選択がない事もわかりません。

住宅ローン中の家を売る場合に必要な事は高く売る事

これまで言ってきたことでローン中の家を売るには、抵当権抹消の為、ローンの一括返済が必要な事、いくらで売れるのかを把握する事が大切だとわかったと思います。ローン中の売却はいかにしてローンを返済するかですので、家を出来る限り高く売る事が重要になってきます。高く売る事ができれば、それだけローン残高の返済が楽になりますので、できる限り高く売れるように不動産会社と協力して売っていかなければいけません。不動産会社に「家がいくらか?」を査定してもらうといいましたが、どこの不動産屋に査定してもらっても同じ査定価格になるとは限りません。というより、ほとんどの場合、同じ価格にはなりませんので、不動産会社に相談に行く場合は少なくとも数社(3社以上)は査定してもらう事をオススメします。地元に強い不動産会社や誰もが知っている大手の業者など数件探して相談してみると良いでしょう。

COPYRIGHT© 2014 住宅ローンが残ってる家を売る ALL RIGHTS RESERVED.